事務所概要
当事務所について

中国初の法律事務所:1984年に設立した環球法律事務所(以下「当事務所」という)は、中国改革開放後に初めて設立された法律事務所です。30年以上の歳月をひたすらに研鑽を積み、成長を続け、現在では、中国の弁護士業界の中でも最も優れた大手総合法律事務所の一つと称されるようになりました。

 

中国で最も優れた大手総合法律事務所の一つ:設立当初から、当事務所は、「グローバルな視野、グローバルなチーム、グローバルレベルの品質を以て、国内外のクライアントにリーガルサービスを提供する」という目標を掲げています。この目標に向かって邁進することで、世界経済が目まぐるしく変わる昨今においても、我々は常に業界の最先端を走り続けています。当事務所は、「Chambers & Partners」、「The Legal 500」、「Asian Legal Business」等の国内外の著名評価機関より、数々の栄誉ある賞を長年にわたって授与されている中国法律事務所の一つです。

 

専門性・品位ともに優れた弁護士チーム:当事務所の弁護士はいずれも国内外の一流ロースクールを卒業し、その多くは修士以上の学位を有しています。中には、アメリカ、イギリス、ドイツ、スイス、オーストラリア、韓国、香港特別行政区等の国や地域の弁護士資格を取得している者もいます。当事務所の弁護士チームの実務経験は非常に際立っており、多くの弁護士が、かつて裁判所や国内外の著名法律事務所又は業界大手の企業・機構に在籍し、実務に携わった経験を有しています。

 

総合的なワン・ストップ・リーガルサービスを提供:当事務所は世界各国の様々な業種のクライアントに対して、分野を跨ぐ総合的なワン・ストップ・リーガルサービスを提供しています。当事務所が得意とする分野は、銀行、金融、保険、証券、投資、貿易、エネルギー、鉱業、化学工業、鉄鋼、製造業、交通輸送、インフラ公共施設、ライフサイエンス・ヘルスケア、電気通信、メディア、ハイテク、カルチャー・エンターテインメント・スポーツ、不動産、ホテル・レジャー、外食産業等、非常に多岐にわたっています。

 

画期的な問題解決能力:当事務所の弁護士は、熟練した専門技能及び商取引に係る豊富な知識を礎として、現実的かつ建設的なリーガル・アドバイスを行い、複雑で変化に富む各種問題の解決に当たっています。当事務所は、先端的かつ専門的なイノベーション能力を有しており、創造性豊かな取引の構造及び詳細なフローの設計を得意としています。これまでの30年以上にわたって、当事務所は法律に対する深い理解と運用を以て、数々の「中国初」となるプロジェクトや案件を手掛けてきました。

 

クライアント至上のサービス精神:当事務所は設立以来、30年以上にわたって、優れた法的知見、豊富な実務経験、業務に対する真摯な姿勢及び高いプロフェッショナル・インテグリティを以て、我々の価値を示し、証明することで、国内外のクライアントからの信頼を得てきました。当事務所は今後も、我々が持つ優位性を活かし、国内外のクライアントに、中国国内におけるさらなる持続的かつ長期的な成功の獲得をサポートしていきます。

沿革
  • 2020
    北京環球(成都)法律事務所を開設
  • 2018-09
    昊理文弁護士事務所と北京市環球法律事務所が合併
  • 2011-11
    北京市環球(深セン)法律事務所を開設
  • 2000-11
    司法部の求めにより「切り離し改革」を実施、「北京市環球法律事務所」に改称
  • 2000-03
    環球法律事務所上海オフィスを開設
  • 1995-07
    司法部の求めにより、「環球法律事務所」に改称
  • 1984-09
    司法部の認可を経て、貿促会が法律顧問処を「中国環球法律事務所」に改称
  • 1979
    中国国際貿易促進委員会(以下、「貿促会」という)により、GLOの前身となる法律顧問処が設立