現在のページ: 業務分野 / エンターテインメント及びスポーツ
エンターテインメント及びスポーツ

現在、中国では、カルチャー・エンターテイメント・スポーツ産業が急成長を遂げています。同産業について、当事務所では累積された知識及び豊富な実務経験を有しています。当事務所のカルチャー・エンターテイメント・スポーツ産業に特化した弁護士チームは、同産業に関連する法的問題及び法令に精通しているだけでなく、その特殊な業界ルール及び各種リスクベネフィットにも見識が深く、クライアントの商業フィージビリティ、収益、リスク間の均衡化実現をサポートし、全方面における信用性の高い、きめ細やかな法的サービスを提供しています。

 

同チームは、版権法、商標法、ライセンス事業、契約法、労働法、権利侵害法、外商投資法、コンプライアンス、競争法等の数多くの分野を専門とする法律家により構成され、映画、テレビドラマ、ウェブドラマ、動画、ゲーム、ライブ配信、イベントのプロデュースやプロモーション、スポーツイベント等への投資、製作、宣伝・販促、リリース(輸入販売等)、許諾等における全プロセスの法的サービスを提供しています。また、上記の各分野に関連する各種版権取引、商取引代理、タレントのマネジメントやプロモート、ビジネスコンプライアンス、プロジェクトファイナンスやM&A、知的財産権の取扱いにおいて、全面的な助言を行うことができます。

 

主なクライアントの業種:国内外の大手映画・テレビ投資会社、製作会社、リリース会社、映画館・興行会社、ゲーム会社、レコード会社、動画配信・ニューメディアプラットフォーム、著名アーティスト(ディレクター、俳優、脚本家等)、芸能プロダクション、広告会社、スポーツ施設、スポーツイベント主催会社、スポーツクラブ、国有企業附属又は傘下のカルチャー・エンターテイメント拠点。

外部機構・団体からの評価

受賞歴

  • 2019-2021, Recommended Firm in Media and Entertainment, Asialaw Profiles
  • 2016-2020, Recommended Firm in Sports & Entertainment, LEGALBAND